似合う服と好きな服・なりたいイメージが違う問題

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。
Be You. All Ways, Always.のmizuhoです。

お客様から時々ある、
「顔タイプ診断で出た似合う服が好きじゃない」、
「自分らしくない感じがする」という言葉。

パーソナルカラーも骨格診断も顔タイプ診断も
受けたけど、なんかしっくりこない人も中には
いらっしゃるかと思います。

「自分に似合うものを知りたい」と思って
パーソナルカラーや骨格診断、顔タイプ診断を
受けても、それが「好きなものじゃなかった」。

いくら「似合う」といわれても、
ちょっと「ヴーン…」と思ってしまいませんか?

実は、この「ヴーン…」という気持ちを
そのままにしておくと、
「おしゃれが楽しくない」
「考えるのがめんどくさい」
など憂鬱になって、益々悩みが深まってしまいます。

おしゃれは、楽しむもの。

似合わないから着てはいけない、
好きな服をあきらめるものでも、
ありません。

まずは、この「ヴーン…」という
気持ちと向き合ってみましょう。
なぜ「ヴーン…」と思うのか、
なぜ「好きじゃないのか」

まず、診断で出た結果を受け入れること。
でもそれは、そうじゃなきゃダメということではないこと。

診断で出た結果は、その人に似合う軸。
だからといって、それに縛られる必要はないんです。

例えば、

パーソナルカラースプリングさんが
似合う色の軸は「明るさ×鮮やかさ」。
似合いにくい色は、着ちゃダメじゃなくて
顔から離して、ボトムスや靴やバッグで取り入れる。

骨格診断ストレートさんは、
似合うのはきれい目で、スタイリッシュなイメージ。
スタイルアップするには、
シャツやVネックを着なければいけないではなく、
首周りをすっきり見せればいい。

顔タイプキュートさんは、
フリルや可愛らしい柄を着なきゃいけないではなく、
カジュアルな素材で、体のラインを拾わないもので、
女性らしいものを選べばいいということ。

まずは、自分に似合うものは何なのか、
似合う幅をしること。
また、似合わないものは
なぜ似合わないのかを知ること。

これが分かると、似合う幅が分かり、
着たい洋服のにあわせ方や
なりたい自分のイメージにあわせることができます。

また、「似合うもの」「好きなもの」は
実は外見的な要因だけではなく、
その人の性格など、内面的な要因も
影響するもの。

見た目は顔タイプキュートさんのかわいいイメージだけど、
内面は元気でハキハキ、サバサバしている。
こういったタイプは、可愛らしい小花柄やフリル、
淡いピンクなどのお洋服が似合っていても、
顔タイプフレッシュさんが似合う、爽やかなお洋服や、
水色や緑色だったり、顔タイプアクティブキュートさんが
似合うような、鮮やかな色のお洋服のほうがしっくりくるはずです。

外見の軸、顔タイプキュートさんから、
内面も合わせて考えて、どうしたら、
その人らしさが外見に表せるのか、
それを考えることによって、
その人に「似合う」答えが見つかります。

パーソナルカラーも骨格診断も
顔タイプ診断も、自分の軸を知る手段です。

皆さんには、こうありたい、こうなりたいという
自分のイメージがあり、それを実現するための手段として
パーソナルカラーや骨格診断、
顔タイプ診断などを受けているということ。

であれば、その手段をつかって、
今まで知らなかった、自分の魅力を発見したり、
似合いにくいものは、どう取り入れたりするのかなど、
どうやったら自分がなりたい自分になれるのかを
考えることが大切です。

顔タイプ診断の8つのタイプ、
パーソナルカラーの4つのタイプ、
骨格診断の3つのタイプ
それが答えではなく、
それを活かし、どのようにして
自分がなりたい自分になるのか
答えは、お一人お一人違います。

皆様、お一人お一人に答えがあります。
その答えを一緒に見つけられたらうれしいです。

只今ご予約を受け付け中です。

料金・サービスはこちらから

お問合せ・お申し込みはこちらから

Face_Type_Logo_small